保障概要‎ > ‎

既存電力設備とPVSS設備の共存



現在電力会社の給電指令室で稼働中の「電力系統制御システム」は発電所から送電線経由で配電用変電所までを制御している。(図3.5)
PVSSの蓄電池制御部は、蓄電池から蓄電量を収集し、翌日の稼働開始と同時に全蓄電池に放電指令を発する。「電力系統制御システム」とPVSSは、蓄電量や需要量などのデーターで連携する。蓄電池を付設しない太陽光発電は、「電力系統制御システム」の制御下で稼働する。PVSSでは制御していない。風力発電で、蓄電池を付設するものが有れば、それはPVSSの制御となる。




                                                                                                         次に進む

















Comments