保障概要‎ > ‎

PVSSの「4階層保障」

ローマは一日にして成らず、安定化は4つの保障積み上げで達成する

第一階層の保障;接続保障・   全ての太陽光発電の系統接続(接続保障)は蓄電池経由で
                                        電保障   行い、出力抑制皆無、天気通りの発電を保障する。
                                                      パネルをHBBSに接続することで実現できる。

第二階層の保障;安定給電保障   蓄電後の放電量は、天気に左右されるが、事前に設定した1年
                             ・調整力保障   間の保障値通りに給電(放電)することを保障する。
                                                      使用するグリッド・ストレージを調整力として提供する。

第三階層の保障;需給維持保障   24時間均等な量で放電すると、早朝の需要最低時間帯に、放
                                                      電量の需要超過が頻発する。その需要超過に対して、超過分を
                                                      グリッドストレージグループなどで対応し、需給バランスの維持
                                                      を保障する。

  第四階層の保障;地産都消         日本の電力の70パーセント近くを消費する都会地は、再エネ
                                                      導入環境が乏しい。逆に、都会の再エネ化率が高くならなけれ
                                                      ば、日本全体の再エネ化率は高くならない。まず、地方の再エ
                                                      ネ化率を高めて、地方から電気代を安くし、次に、地方の余剰
                                                      電気を都会に送って、都会の再エネ化を支える。









































        次を読む



Comments