保障概要‎ > ‎

PVSSの目的と対象範囲

新システムへの移行を重視した構成
(1)PVSSの目的



(2)対象とする範囲

太陽光発電を、電力系統に天気に左右されることなく安定的かつ、大量に導入可能とさせる仕組みと蓄電池システムを、給電制御システムに提供する。


既存の太陽光を含む系統全体を、いきなり新系統システムに移行することは不可能である。段階的移行を可能とさせるため、PVSSが直接支援していない家庭用太陽光発電、蓄電池を付設していない産業用太陽光発電も対象とし、またこの世に存在していない調整用蓄電池(グリッド・ストレージ)が無くてもシステムの構築が可能となるような提案をしている。対象とするシステムの概念図は図3.1の通りである。PVSSは給電制御システムと蓄電池システムの中で稼働する。



                                                                                                    次に進む


Comments