大量導入の目標

太陽光発電の導入目標量は?
何故大量導入を行うのか?
たとえ2016年1月までに受け付けた日本全国の太陽光の認定容量分すべてが、
出力抑制も受けずに天気通りに発電したとしても、
日本の年間の再エネ化率は精々11パーセント程度にしかならない。

山岳地が多く、台風や落雷の多い日本では、風力発電はあまり期待できない。
そんな日本で再エネ化率を高めるには、太陽光発電への集中が、正しい選択である。

太陽光の比率が高い日本で、再エネ化率を80パーセントまで高めるには、
太陽光発電は、平均日南中時需要の3倍の太陽光発電を受け入れる仕組みが必要である。
3倍にすると九州電力は、超過分は12,671万kWhになる。(図2.3

当然のことだが、九電以外の全電力会社も同様に需要の3倍の発電を
受け入れる仕組みが必要であることは言うまでもない。





         図2.3で、需要を超えた量を、1月8日の需要で計算すると、12,671万kWとなる。
       現在九州電力には3ヶ所の揚水発電所を持っているが、そこで消費できる容量は
                                             253万kWであるので、この超過分を受け入れるためには現在の50倍の揚水発電
                                             を作る必要がある。

                                             そのとき、全電力会社は需要の3倍の発電容量を持っているので、雨の日以外は
                                             全電力で超過状態となる。従ってどの電力会社も他所の超過分を吸収する余裕は
                                             ない。他社連携で再エネ化率を高めることが出来るというのは、数字で裏付けさ
                                             れない妄想にしか過ぎない。



現在採用されている、または考えられている手法では、
需要の3倍の発電を受け入れることは不可能である。
しかし、弊社のPVSSであれば、
大幅の需要超過を簡単に受入れ出来る。



最後までご精読ありがとうございます。ご質問、ご感想、反論等お待ちしてます。

                                                                                                              次へ進む

















Comments