地方創生

現在、電力事業は「地域独占」が認められているが、この「独占」が地方創生の足を引っ張っている。


スマートセンターは、地方創生の中心的存在となります。発電予測技術で電力会社を支援し、「全再エネ接続」と「出力抑制ゼロ」を実現します。補助金に頼らず、地方独自に利益を上げながら、起業家を育て、その起業家の自主的経営手腕で、地産地消を拡大し、脱原発を実現します。「電気は貯めてから使用する」関連製品と、ネルギー輸出も可能となります





国内の再エネ推進議論は枝葉末端にこだわり、
大消費地への供給という大局を見失っている。

「地域独占」は地方電力が、自らのビジネスチャンスを潰している。
地方電力も大消費地への電力供給でビジネスを拡大すべきだ。

「地産池消」は「地方創生」に逆効果をもたらす。
地方で発電し大都市で消費する「地産都消」こそが、
「地方創生」をもたらす。

電力会社ごとに行う同時同量は、地方電力には必要悪である。
同時同量を行う系統制御所は日本に2ヶ所あれば十分である。





             では、その理由と対策は?                                  クリック         ⇒⇒⇒
  



Comments