電力自由化を潰した電力会社は、次は再エネを潰す

2000年から始まった第1次電力自由化を電力会社は巧妙なやり方で潰してしまった。
今、電力業界は、実に巧妙なやり方で再エネ導入を潰そうとしている。
潰そうとしていることに政府も、経産省も、マスコミも誰も気づいていない。

(1)第1次自由化を
如何にして潰したか?





























 
 (2)再エネ潰しの
電力会社の秘策は?

            自由化潰し秘策1;託送料金高く設定
                    新電力が自分の発電所で発電した電気をお客様に供給するとき、送電線は
                    電力会社の独占になっているため、電力会社の送電線を使わざるをえな得ない。
                    送電線を使用すると使用料金(宅送料)を電力会社に支払う。
                    新電力と言えども電力会社と同じ化石燃料を燃やして発電しているため、発電
                    原価は同じである。同じ発電原価に託送量を載せると、電力会社より高い料金
                    となってしまう。
                    自由化で電気料金が安くなると期待していた需要家にとって、逆に高くなって
                    しまっては、新電力から購入する意味がなくなる。
                    託送量を高めに設定していたため、電力自由化は大きく展開しなかった。


            自由化潰し秘策2;電力会社同志の不可侵条約
                    何のために自由化するか?
                    自由化の狙いは電気料金が安くなることであるが、なぜ安くなるかは競争原理
                    が働いて、値下げ競争が自然発生的に起きるからである。
                    当然、電力会社間の競争が激しくなると期待していた。
                    結果は、15年間で1件だけ電力会社同士の競争があった。中国電力のお客さん
                    と九州電力が契約したという実績だけだった。(その契約が現在も継続している
                    かどうかは不明)
                    電力会社同志は、誰言うことなく、いわゆる阿吽の呼吸で、不可侵条約が成立し
                    ていた。
                    電力会社の社員は、入社から退職までの間、電力十社間の交流が盛んで、まるで
                    竹馬の友のようになってしまう。年に数回の温泉付きゴルフ付きの研究会を開催
                 したり、まるで家族同士の付き合いのような状態で会社のトップにまで上り詰め
                    て行く。電力トップは、入社直後から30年間家族付き合いした間柄であるため、
                    気になって相手の牙城に攻め入るようなことは考えない。
                    電力会社同志競争しろと言われても無理な話である。


            再エネ潰しの背景;何故再エネを潰すのか?
                    電力会社の主張
                        太陽光発電は天気に左右される。天気の良い日はたくさん発電出来るが、天気
                        の悪い時は発電出来ない。悪い時のために、太陽光発電が増えてもバックアッ
                        プ電源を用意しておかなければならない。その投資額は太陽光が全く無かった
                        時を想定した場合と同じになってしまう。
                        また運用時にも無駄が発生する。例えば、晴天日に太陽光発電がフルに能力を
                        発揮して発電していても、突然天気予報と違って天気が崩れて、太陽光の発電
                        が予測していた量が大きく落ち込むことを想定し、火力発電機を空焚きして待
                        機運転しておかなければならない。その燃料費たるや馬鹿にならない金額にな
                        る。
                        太陽光の導入量が増えるとバックアップ電源の投資が増え、空焚きコストも太
                        陽光の発電量に比例して増える。
                        バックアップ以外にも、太陽光が増えると天気予報からの予測や当日の天気
                        報と実天気の誤差の修正コストや、出力抑制のための制御費用やそれに関す
                        補償金処理費用など、これまでにない余計な費用が掛かってしまう。
                        太陽光を大量に導入すると電気料金がもっともっと高くなる。料金を抑えるた
                        めには原子力がベストである。

             再エネ潰しの具体的方法;
                    ソーラーパネルと電力系統接続方法を現在の直接接続方法を固守する
                  (蓄電池(ハイブリッドバッテリーシステム:HBBS)使用の導入を認めない)

            ①現在の接続方法のままの場合
                        現在、ソーラーパネルで発電した電気は直接電力系統に乗せている。
                        直接系統に乗せると供給過多が発生する。過多が発生するとそれを抑えるため
                        に揚水発電や他電力連携でその解消に努めるが、それにも限界がある。限界を
                        超えると出力抑制を命令しなければならない。すなわち、無制限に太陽光発電
                        が増え続けることは無くなる。
                        現時点では、日本国内では離島以外の内地では出力抑制は発生していない。
                        九州地区ではいくつかの離島で抑制が頻発しているが、九州本土では現時点(18
                        年4月)ではまだ発生していない。しかし、現在認定受付されているものが稼働
                        開始する3年後には抑制は頻発する。図1は2017年3月の認定受付のすべてが
                        稼働する予定の2020年7月の稼働予想図である。その予想によると、需要超
                        分を揚水発電や電力間連携で対応しているにもかかわらず、抑制命令は17回
                        生する。雨の日以外は全て抑制日となる。1発電所に対しては5~6回の抑制と
                        なる。
                        更に太陽光の導入量が増えても、すでに雨の日以外は抑制日となっているので
                        電力会社としての抑制回数は増えないが、1発電所に対する抑制回数が増える。
                        月当り10回以上の抑制になる。
                        こんなに抑制されたのでは投資の回収は困難で、再エネ投資の魅力は無くなる。
                        魅力が無くなれば再エネは自然消滅する。
                        電力会社にとっては願ってもないことになる。

                                                                                                                        (図1)
                                                                                (図をクリックすると拡大図になります)

                                    詳細 ⇒⇒ 接続拒否の後は出力抑制が待っている

            ②ハイブリッドを使用した場合
                同じ環境にHBBSのハイブリッド・バッテリーとPVSSの安定給電保障・調整力保障
                機能を適応すると、ハイブリッド・バッテリーを使用した太陽光発電に対しては一切
                出力抑制は発生しない。(バッテリーを使用していない発電には抑制が発生すること
                はある)また、太陽光を安定化したベース電源として使用できる。(図2)

                                                                                                                        (図2)
                                                                                                            (図をクリックすると拡大図になります)



                       ハイブリッド等の使用で生まれる変化に電力会社が恐れていること
                        恐れ①;太陽光発電をベース電源として利用できるので原子力は不要となる。
                                        原子力不要となると、使用済み核燃料の資産価値がゼロとなり債務
                                        超過に陥り、経営の継続が出来なくなる。

                        恐れ②;価格の安い太陽光の大量導入で価格破壊が始まり、電力業界のダウン
                                       サイジングが起きる。
                                        太陽光を大量に導入した新電力が価格競争で有利となり、競争に勝て
                                        なくなる。

                        恐れ③;電力業界、エネルギー業界、自動車業界を巻き込む新産業革命に発展
                                       しかねない大変革が起きる。
                                        新産業革命に巻き込まれるとこれまでの既得権などの価値が無くなり
                                        競争に打ち勝つことが困難となる。


                      
                        この変革から身を守るためには、ソーラーパネルの接続方法を変えてはならない。
                        接続方法を変えなければ太陽光はいづれ消えていく。

                        接続方法を変えないこと、つまり蓄電池(ハイブリッドバッテリーシステ:HBBS)
                        使用の導入を認めないことが、彼らの再エネ潰しの巧妙な秘術となる。

                        勉強不足で時代遅れの電力会社は、屁理屈を付けてHBBS使用を、あの手この手で
                        潰しに罹って来るだろう。

                                              ⇒⇒   電力会社は太陽光大量導入に反対、その理由は? を読む

                        しかし、電力会社も心を大きく開けて、太陽光発電のことをもっと勉強すべきだ。

                                             ⇒⇒    実は、太陽光発電大量導入で一番得するのは電力会社

                        自分で自分の首を絞めているのがわかるだろう。

最後までご精読ありがとうございます。ご質問、ご感想、反論等
ozaki@smart-center.jpまで直接お送りください。


日本における電力自由化の歩み
①1995年  
    電力会社に卸電力を供給する発電事業者
    (IPP)の参入が可能に、また大型ビル群
    など特定の地点を対象とした小売供給が
    特定電気事業者に認められる。
②2000年(第1次自由化)
    2,000kW以上で受電する大需要家に対し
    て、特定規模電気事業者(PPS)による
    小売が認められる。
③2004年(第2次自由化)
    500kW以上の需要家が対象となる。
④2005年(第3次自由化)
    50kW以上の需要家が対象となる。
⑤2016年4月1日(完全自由化)
    制限の完全撤廃

 









































































最近東京電力も自分たちのこれまでの考えが間違っていたことに気付き始めたようだ。








Comments