反論‎ > ‎

再エネ主力電源化、一番乗りは東北、「切り捨て」方式なら大震災、「生かす」方式で夢実現

(2020/5/13)再エネ主力電源化、一番乗りは東北、「切り捨て」方式なら大震災、
                「生かす」方式で夢実現

夏ピークでも1400万kWh程度の東北で、近い内に太陽光1500万kW、風力2000万kW、バイオ等1300万kWが稼働する。
その時、バイオ等がベース電源の如く常時800万kW以上発電するので、太陽光だけで、たとえ曇り日でも供給過剰となる。
供給過剰分は「切り捨てる」経産省ご推薦の制御方式、九州本土で実績もあるが、東北に適応すると92パーが切り捨てられ、これまで順調に売電収入を確保していた発電業者も含めて、売電収入激減で全滅する。大震災以上の災害が、またまた、東北を襲うことになる。
それに反して、供給過剰分も「生かす」ハイブリッド・バッテリー・システムを太陽光だけに適応すると、適応しない風力まで供給過剰が減少する。改善分を金額換算すると、太陽光と風力合わせて20年間で7.5兆円の売電収入増となる。
もう一つのメリットは、これだけの再エネ導入量になると、火力と原発が不要となり、再エネだけで東北の需要を満たせる。再エネ化率100パー以上の実現である。
さらに加えて、今後導入される再エネのシミュレーションで、洋上風力は陸上の2~3倍の発電能力があるので、2倍の能力を適応すると、なんと再エネ化率133パーとなる。100を超える33は新しい東北を作る原資になる。例えば、来るべきEV車時代への対応、地産消で都会地へ電気供給事業、液体水素に変えてエネルギー輸出・・・等々「新しい東北の夢」は広がる。
供給過剰分を「捨てる方式」を選ぶか、「生かす方式」を選ぶか、それを決めるのは東北電力さん,貴方ですヨ。



Ⅰ.プ  ロ  ロ  ー  グ
東北地区は、数年後、出力抑制頻発の環境になる。
それはどんな環境か?その環境について説明する。


環境①
近いうちに太陽光14.9GWが導入される。その環境では太陽光以外の小水力、バイオ、地熱がコンスタントに発電し、更に下げ代いっぱいの火力と合わせると7GWがベース電源と思われるほど供給している。
太陽光とベース電源と合わせると、夏ピーク日の需要14.5GWも、冬ピーク13.7GWも簡単に超えてしまう。太陽光だけで、東北全域が雨や雪でない限り、昼間に供給過剰となる。その日数は年300日近い。

                                                            (図1.1)
(図面をクリックすると拡大できます)

環境②
夜間の電力需要は極端に下がる。東北地区は夏に熱帯夜が少ないので、深夜にエアコンをかける家庭は少ない。だから、夏でも夜間の需要は7~8GW程度までに落ちる。冬は暖房をつけたまま寝る家庭が多いので夜間の電力需要は夏ほどには下がらない。反対に、風力は夜間に多くなる傾向にあるので、風力だけでも、少しの発電で、夜間需要の超過になる。


環境③
風力は昼間と夜間に発電する。昼間に、太陽光が原因で供給過剰になっても、その時発電していた太陽光と風力は公平の原則に従って、両者が抑制対象となる。太陽光は大量に導入され、ほぼ毎日太陽光は抑制対象となるので、風力もほぼ毎日が抑制対象となる。従って、風力は昼と夜の2回抑制になることが多い。

環境④
抑制される量と、一つの発電所に対する抑制量は、実超過量の2倍以上になる。
その理由を九州本土の抑制実績を引用した(図1.2)(図1.3)で説明する。
((図1.1)の棒グラフが実超過分であるので、その量だけ抑制すれば問題ないが、実際には緑色の量が抑制される。その差が2倍となる。その理由を説明する)

理由①
発電前日に、供給過剰分を時間別に予測する。時間別抑制対象量をその時間の発電予測量で割り、時間別抑制率(超過率)とする。一日の中の抑制率の中で最大の率を見つけ、その最大の率を全時間毎の発電量に乗じる。(図1.3)の中で最大の超過率は12時の46.0%である。その率を6時から17時までの発電量に乗じる)

理由②
出力抑制の指示は実発電日の前日、または数時間前に行うが、その判断はすべて発電予測などに基づいて計算した結果である。そこで、予測精度や実行制度が問題になる。それらの問題を考慮に入れて、補正率を組み込む。九州電力は補正率として1.48倍から1.58倍を適応している。仮に1.48倍として、①で最大超過率と一緒に1.48倍も組み込むと、右表の場合抑制量は2倍になった。
(46.0%を乗じると同時に1.48倍も乗じ、結果は補正後抑制欄に入れる。実抑制分の合計地が30,678で、補正後の合計が57,092で約2倍となっている。超過率の46%や1.48倍がもっと大きな値であったら2倍以上の、3倍とか4倍になる)

                                     (図1.2)                              (図1.3)
(図面をクリックすると拡大できます)

環境⑤
連携線を利用して他社に供給過剰分の処理をお願いできなくなる。
現在、東北電力は供給過剰であるが、過剰分は東電と北海道に依頼しているので、出力抑制の必要はなかった。四国電力も供給過剰で、関西電力に処理を依頼している。北陸は中部に依頼し、九州は中国経由で関西が処理を引き受けている。ただし、過剰分のすべてではないので一部が出力抑制として残ってしまっている。日本における電力9社の連携は(図1.4)はよく知られているが、(図1.5)はその電力9社間にどの程度の電気が流れたかが分かるリストである。作成は弊社で、データーは電力9社の電力需給実績データーをダウンロードし、その中の19年5月3日の0:00~23:00の連携線欄のデーターを並べただけの表である。
このリストからわかることは、北の北海道から南の九州までが瞬時瞬時に同時同量が成り立っていることである。
詳しい説明は省略するが、読者の方で興味のある方は確りと眺めてください。
ここで、重要なことは供給過剰な地域と、それを引き受ける地域があって、全国規模でその差っ引きがゼロになるよう、一日24時間、瞬時瞬時に実行されていると言う事です。
 

                                                      (図1.4)
(図面をクリックすると拡大できます)

                                                  (図1.5)
(図面をクリックすると拡大できます)

環境⑥
日本の全地域で再エネ導入が拡大される。   (図1.6)
数年後全社が供給過剰となって引き受けるところがなくなる。

                                                                          (図1.6)
(図面をクリックすると拡大できます)

需要との関係 (図1.7)
再エネの発電量が需要を超過する根拠を、東京電力を例に (図1.7)を使用して説明する。
火力発電最低出力1381に再エネの将来その他1347の半分670を加えた上に、将来太陽の8割2900をさらに加えると6200程になる。この値は夏ピークの5653を超えているので、一年の殆どの日が需要超過となる。
同じ方法で供給過剰にはなりにくそうな関西電力を計算してみる。
火力発電最低出力295に再エネの将来その他885の半分の440を加えた上に、将来太陽の8割720をさらに加えると1600程になる。さらに、将来風力の3割100を加えると1700になるので。春と秋の平均日に天気が良ければ供給過剰となる。
                                                                                                (図1.7)
(図面をクリックすると拡大できます)

全地域が供給過剰となり、他所の分まで引き受ける事は出来なくなる。したがって、供給過剰となった場合、全ての地域は自分で出力抑制処理をしなければならなくなると言う事である。


 Ⅱ.東北電力の再エネ設備導入の現状と今後の予定

(1)現在の再エネ稼働の現状と今後の拡大予定
         (図2.1)は東北電力が20年2月に発表した「再エネ接続・申し込み状況」であ
        る。現在「接続済み」「接続検討申込」「接続契約申込」別に、核再エネ種
        別ごとの容量を掲載している。
        現在接続済みの合計値は1,728万kWで、「接続契約申込」の合計は1,324万
        kW、「接続検討申込」の合計は1,673万kWになっている。
        数年後にすべてが稼働すると、再エネ容量は現在の2.7倍の4,725万kWにな
        る。
        「接続検討申込」の全てが「契約」まで至る確率は少ないと思われるが、
        仮に契約に至ったらどのようになるかを検討する意味で、取り上げる。

                                                                 (図2.1)
(図面をクリックすると拡大できます)

(2)稼働状況
        2019年1年間の電源毎の月別発電量は (図2.2)の通りである。
        ★水力を含む再エネ化率は33.8パーセント
         ★火力だけで102パーセントも発電しているが、出力抑制は発生していない
         ★需要に対して36.2パーセントの供給過剰である。しかし、出力抑制には
             なっていない。理由は、超過分は東京と北海道に供給しているため。

                                                                                                                (図2.2)
2019年1年間の稼働状況
(図面をクリックすると拡大できます)




Ⅲ.承認済みと検討申込の全てが稼働した時の
再エネ化率と出力抑制頻度をシミュレーションする

(1)シミュレーション環境設定時の特別考慮事項
        ①適正補正率について
            プロローグの中の環境④の中で、補正率の取り方では抑制量が2倍以上に
            もなると説明したが、東北のケースで補正率1.48を適応して3カ月分だけ               シミュレーションを行った結果、太陽光の出力抑制は92.2パーセント、風
            が67.9パーセントなった。  (図3.1)

            補正率 1.48倍
                                                 (図3.1)
(図面をクリックすると拡大できます)

            補正率 1.28倍
                九州電力と同じ補正率1.48倍では、あまりにも悪い結果が出てしまうの
                で、1.28倍を採用することにした。1.28倍にすると抑制率92.2% (図3.1)
                だったものが、65.7%に改善される。
                補正率を1.28倍にするためには東北電力の系統制御室は、発電予測精度
                の向上などもろもろの努力が必要であることを付け加えておく。

                                                  (図3.2)
(図面をクリックすると拡大できます)

    
        ②風力発電の発電効率の取り扱いについて
                今後導入される風力は洋上であるとうわさされているが明確な根拠がな
                いことと、洋上の正確な発電能力データーがないことから、陸上として
                取り扱う。

        ③連携線の利用について
                数年後には、日本の全域は供給過剰になる。他所の分まで引き受ける余
                力はなくなる。特に東京と北海道は猛烈な供給過剰となるため、連携線
                で送っても処理してもらえなくなる。


(2)再エネ容量
        承認済みと接続検討申込の全てが稼働した時の容量は下記の通り。

                                                                     (図3.2)
(図面をクリックすると拡大できます)
        
(3)シミュレーション結果
        導入後の再エネ化率
             再エネ化率55パーセントで、辛うじて主力電源と言えるところまで来た。
             しかし、発電禁止率も高い。太陽光では60.3パーセントが、風力では54.3
             パーセントが禁止となる。
                                                                 (図3.2)
(図面をクリックすると拡大できます)


        再エネ部分だけをグラフ化
            再エネだけの発電量と抑制量をグラフ化した。抑制部分が白色部分で、
            その多さが一目で分かる。まるで抑制のために発電しているように見え
            る。抑制がなければ再エネ化率80~90になるのではと、惜しまれる。

                                                                         (図3.2)    
(図面をクリックすると拡大できます)

                ③抑制率と抑制回数
                    年間の抑制回数は、(図3.2)に掲載しているが、昼間が340回、月1回
                    抑制のない日がある程で、夜間は217回で、風力は昼と夜を合わせ
                    て557回も停止させられる。
                    一つの発電所に対しては、太陽光が207回の停止、風力は夜間に108
                    回の停止、昼に207回停止で、合計315回の停止となる。
                    停止回数分、売電収入は予定より減少することになる。
                    太陽光の一日当たりの発電量は、年に数回しかない最大発電から、全
                    く発電のないものまで合わせると、365種類があるといっても過言で
                    はない。その発電量を多いものから順に並べると「緩やかなS字曲
                    線」になる。残念なことに出力抑制は供給域全域が悪天候の日より、
                    晴天に近い日に集中する。したがって、207回の停止は「S字曲線」
                    の少ない日から207回ではなく、多い日から207回であるため、年間
                    収入に占める率は多くなる。弊社の研究では207回は207÷365の56
                    パーセントではなく、S字曲線から計算すると最大76パーセントと
                    なる。
                    207回発電停止させられた太陽光発電業者は、最大76パーセントの収
                    入減となる。
                         (図3.2)
   
(図面をクリックすると拡大できます)

               出力抑制分の金額換算
                   出力抑制させられた量を金額に置き換えると、太陽光では12円/kWhで
                   毎年1,408憶円になる。もし抑制がなかったら、発電業者全体にこの
                   金額が配布されていたはずだ。風力の場合、36円/kWhで計算すると
                   6,875億円になる。
                                                     (図3.2)

(図面をクリックすると拡大できます)

(4)問題点
         ●発電業者の売電収入が太陽光では60パーセント、風力では54パーセントも
            減少するため、倒産が頻発する。
          ●倒産することが事前に分かれば、すべての業者は投資を控えることにな
            る。そうなれば、再エネの主力電源化投資は東北電力だけで行わなければ
            ならない。
          ●出力抑制が出始めると、そのあと再エネ導入しても、再エネ化率は伸び
            ることができない。
          ●コストの高い風力発電の発電効率は、陸上より2~3倍あるといわれて
            いるが、その効果は出力抑制で消えてしまう。
          ●東北は、電力供給域面積では北海道に次いで日本では2番目に広い土地を
            持っている。また、風力環境では日本では北海道と東北が最適地と言われ
            ている。東北は再エネ環境では最も有利であるが、出力抑制頻発でその優
            位さを、みすみす捨て去ることになる。勿体ない話である。
          ●こんな出力抑制では、技術力のなさを世界に向けた恥さらしとなる。



Ⅳ.太陽光の抑制解消で、風力もつられて解消できる
太陽光だけにハイブリッド・バッテリー・システムを使用(注)

(1)HBBS(ハイブリッド・バッテリー・システム) 機能概要

       ソーラーパネルと蓄電池を一組にして設置する。蓄電池は接続したパネル
          の一日分の発電量を保存できる容量が必要。
        ●発電終了後の午前ゼロ時から、一日分を24時間かけて放電する。時間当
          たりの発電量は南中時の最大発電量の4分の一近くになるので需要超過の
          確率が低くなる(タケノコシンドローム解消)
        ●発電終了後、一日の発電量を制御室に知らせるため、翌日の稼働計画作成
          には発電予測が不要となる。
        ●小さな蓄電池を複数個集めて大容量にする。
        ●蓄電と放電の並行処理は本来なら2組の蓄電池が必要だが、HBBSでは1.33
          倍の蓄電池容量でOKである。
        ●パネルと蓄電池を直流結合で蓄電ロスとパワコンのコストが解消できる
        ●出力抑制解消で抑制関連作業が完全に不要となる
        ●HBBS使用の方が、使用しないより発電事業の利益が大きい

                                                                          (図4.1)
(図面をクリックすると拡大できます)

(注)ハイブリッド・バッテリー・システムは「自己消費」の太陽光発電には接続できません。また、既に導入済みの太陽光発電に接続はコスト的に困難であるが、シミュレーションの都合から、「すべての太陽光に接続」としてます。




(2)HBBSの効果概要
            ①4月16,17日の稼働
                2019年4月16日と17日は太陽光と風力の発電量が多かった。その発電実
                績に対して新たな容量を適応すると(図4.2)のようになる。図で見る限り
                太陽光も風力も需要を超過している。
                                                                         (図4.2)
(図面をクリックすると拡大できます)

            ②出力抑制後    
                経産省ご指導の九州本土方式で抑制した結果が (図4.3)である。
                グラフの中で抑制された部分は、太陽光も風力も白抜きで表示されてい
                る。特に注意していただきたい点は、赤破線の需要曲線以下も抑制され
                ている点である。それは16日のほうが多めに抑制されている。多めに抑
                制しておきながら、需要を満たせないと言って揚水発電で発電している
                のもはっきりと見て取れる。全く馬鹿々々しいやり方である。

                                                                         (図4.3)
(図面をクリックすると拡大できます)

            ③HBBSを使用すると
                全ての太陽光パネルに蓄電池を組み合わせて導入した後の稼働が  (図
                4.4)である。太陽光の山(タケノコシンドローム)が完全に消えているの
                は一目でわかる。山は横に広がっている。4/16日に毎時2919MWhが流
                ているのは15日に発電した70,016MWhを24で割った値である。16日
                発電した101,038MWhを24で割った4,210MWhが、翌日の17日に24
                時間かけて放電されている。
                16日と17日の太陽光の抑制は全く発生していない。
                風力も太陽光の影響を受けて抑制量は8パーセント減少している。

                                                                         (図4.4)
(図面をクリックすると拡大できます)

(3)HBBSを東北電力の1年間に適応する
           同じやり方を東北の2019年1年間の発電実績に適応した結果が(図4.5)
             ある。
             HBBSを使用することによって再エネ化率が76.6パーセントまで向上し
            た。押しも押されぬ再エネの主力電源となる。太陽光の抑制は完全に解
            消し、有効発電量が2.4倍になった。風力発電にはHBBSは採用していない
            が、風力の有効発電量も40パーセント増えた。逆に抑制量は40パーセント
            近く減ったことは、風力発電業者にも歓迎されることである。  (図4.6)
            この点は強調しておきたい。
                                                                                                 (図4.5)
(図面をクリックすると拡大できます)

                                                    (図4.6)
(図面をクリックすると拡大できます)

             (図4.5)の再エネと需要部分だけをグラフ化したのが、 (図4.6)である。
            太陽光の出力抑制部分はすべて有効電力変わっている。風力に関して
            は、  (図3.2)  と比較すると分かるが,非常に少なくなっている。風力の抑
            制が完全解消できたら、再エネだけで需要の全てを満たせる事も分かる。
 
                                                                         (図4.6)
(図面をクリックすると拡大できます)


            HBBSを使用すると抑制回数も減少するのは当然である。
            抑制率が減少するので一つの発電所にが停止させられる回数も減少する。
            経産省ご指導の九州本土方式では、1年間の昼間340回の抑制が、HBBS
            方式では128回に減少した。一つの発電所は207回止めさせられたが、55
            回に減少した。
                                                     (図4.7)
(図面をクリックすると拡大できます)

                HBBS効果の金額換算   
                出力抑制の減少で発電業者の売電収入も増加する。太陽光業者だけでな
                く、風力発電御者まで御利益を受ける。その利益額は、風力の単価を高
                設定した関係で、金額が2倍多いのは大変興味深い。
                パネル毎に高額の蓄電池を使用するのはコスト的に耐えられないとの
                反論を聞くが、それは全く間違っていることが証明された。

                                                                      (図4.8)
(図面をクリックすると拡大できます)




Ⅴ.より高みを目指せ!!
洋上風力の能力を生かせば
再エネ化率100パーセント以上が可能


(1)HBBSを生かす電力系統制御システムの設計思想
            第一階層の保障;接続保障・発電保障
            全ての太陽光発電の系統接続を可能とし(接続保障)、出力抑制皆無、
            気通りの発電を保障する。パネルをHBBSに接続することで実現できる。
                                                      
            第二階層の保障;安定給電保障・調整力保障
            蓄電後の放電量は、天気に左右されるが、事前に設定した1年間の保障値
            通りに給電(放電)することを保障する。使用するグリッド・ストレージ
            を調整力として提供する。

            第三階層の保障;需給維持保障 
            24時間均等な量で放電すると、早朝の需要最低時間帯に、放電量の需要
            超過が頻発する。その需要超過に対して、超過分をグリッドストレージグ
            ループなどで対応し、需給バランスの維持を保障する。
                                                      
            第四階層の保障;地産都消
             日本の電力の70パーセント近くを消費する都会地は、再エネ導入環境が
            乏しい。逆に、都会の再エネ化率が高くならなければ、日本全体の再エネ
            化率は高くならない。まず、地方の再エネ化率を高めて、地方から電気代
            を安くし、次に、地方の余剰電気を都会に送って、都会の再エネ化を支え
            る。
                                                                       (図5.1)
(図面をクリックすると拡大できます)


(2)設計思想を具体化させるグリッド・ストレージ

 設計思想を実現させるにはHBBSに加えてグリッドストレージ(GS)が必要となる。GSの役割は簡単に言うと、供給過剰になった電気を一時保存し、不足の時はそこから引き出すことを行う。GSへ指示を行うのは中央系統制御指令室である。

                                    (図5.2)
(図面をクリックすると拡大できます)


(3)洋上風力は能力を出し切っているか?
これまでの全てのシミュレーションでは、風力発電の能力を陸上風力として扱ってきた。洋上風力は陸上の2~3倍あると言われているが、あえて陸上の能力で計算してきた。洋上にすると抑制分が増えるだけだからが主な理由である。

(図4.5)の中の年間合計値の行だけに注目して話を進める。
シミュレーションは365日の24時間ごとに同時同量を確認しながら行ってきたので合計地も同時同量が成り立っているはずである。
同時同量とは
        需要 = 水力 + ・・・・+ 揚水
を成り立たせることである。GSは計算の途中で一時保存したのでしたので同時同量から外される。
ここで揚水がマイナスとは、風力に抑制が働いているが供給過剰ということである。ここで供給過剰を解消させるには火力がなくても同時同量が成り立つのでは・・・。
 
                                                                                                                    (図5.3)
(図面をクリックすると拡大できます)

(4)火力も原発も不要、再エネ化率100パー実現
ということで、火力を外し抑制も解消し、代わりに揚水とGSの量を発電あつかいにしたが、また供給過剰となった。風力を2倍の発電量にすると増々供給過剰になる。
つまり、現在申し込まれている再エネの量だけで、東北の現在の電力需要が満たせるということである。
                                                                                                                    (図5.4)
(図面をクリックすると拡大できます)

(5)洋上風力の能力発揮で再エネ化率133パー実現
毎月の風力の発電量を2倍にして、各月の同時同量をチェックし、過剰の場合は過剰分をGSへ保存し、不足の場合はGSから取り出す。  
 (図4.5)の各月に、同じことを適応した結果が (図5.5)である。この表をグラフ化したのが (図5.6)である。
1年間の動きを見ると夏場の7月~9月は不足するが、幸運にもGSへ大量の保存量があったため対応が出来ている。また1年通してGS保存量がコンスタントに増加することになる。
                                                                   (図5.5)
(図面をクリックすると拡大できます)
 
                                                                     (図5.6)
(図面をクリックすると拡大できます)

(6)巨大なグリッドストレージは実現可能か?

          グリッドストレージ(GS)をもう少し分析してみよう。
           GSは大量だがゆっくり変化する要素と、少量で毎日激しく変動す
           る要素がある。大量の部分は4万GWh~5万kWhを数か月かけて変
           動する。少量部分は、日単位に20GWh前後を変動する。
           大量の部分は液体水素に変換してタンクに保存し、少量部分は
           リチュウム電池などで、配電変電所に設置する等と考えられる。

                                                                        (図5.1)


(7)グリッドストレージのシステム構成
           グリッドストレージのシステム構成は、現在のところ、 (図5.1)のように考えている。この部分は今後、重点的に研究し、現場実証などを重ねなければならない分野であると思う。
                                                                                                            (図5.1)
(図面をクリックすると拡大できます)





そのコストはだれが負担するのか?
 GSにかかるコスト問題は、GSに溜まった電力を他の分野へ売ることに
 よって新たな収入を得ることで解決できる。
  まさにエネルギー産業の産業革命が始まるのである。

 (8)「新エネルギー産業革命」がもたらす新しいビジネス 
     ①燃料電池ステーション        
        ★燃料電池車バッテリー充電サービス 
            GSの蓄電を燃料電池または電機として販売する。その販売量は東京電力
            管内だけで年間147TWh必要である。再エネ化率100パーセントの時GSへ
            溜まる最高の量は70TWhであるので。需要の半分しか満たせない。再エネ             化率120パーセント以必要である。 

(10年後は世界中が、石油から作ったガソリンをやめて電気で走る車に代わる。そうしなければ地球温暖化が止められないからである。日本もそれに遅れまいと自動車   メーカーなどは必死になって電気自動車、燃料電池車を開発している。開発しなけ れば世界中に販売できないからである。 10年後の日本も、ガソリン車はなくなり電気自動車、燃料電池車が走りまくる。  その時、日本の電力需要は現在の2~3倍に増加する。その車に供給する電気を何か ら作るのか?まさか、石炭や石油をガンガン炊いて作るのか?)

     ②フロント・ステーションサービス  
           蓄電機能及び蓄電している電力を利用したサービスを行う。                                     ★太陽光発電向けグリッド・ストレージ・サービス                    
            ★風力発電向けハイブリッド・バッテリー・サービス                    
            ★マイクログリッド支援サービス                    
            ★新電力向け同時同量支援サービス
 
        ③ミドル・ステーションサービス                
            蓄電した電力から液体水素作成や液体水素から電気に変換するサービスを
            主に行う。                    
            ★都市部の区間連携遮断時のバックアップ・サービス                          
            ★液体水素海外輸出サービス                    
            ★災害時緊急電源支援サービス



「エネルギー産業革命」が始まる

最後までご精読ありがとうございます。ご質問、ご感想、反論等
ozaki@smart-center.jpまで直接お送りください。




Comments