給電保障

天気に左右されない放電量を保障する

太陽光で発電した電気を、一日24時間均等に供給したとしても、日の変わり目で供給量が大きく変わる可能性がある。この差分は、太陽光が大量に導入されれば、導入量に比例して大きくなる。
太陽光を安定的に使用するためには、この差分を小さくしなければならない。
給電保障機能が、その差分を小さくする。                                    次へ進む