給電保障‎ > ‎

保障値(ライン)の特性

保障値は、事前に、1年間の発電量を決めておく(電力会社別)
(1)年間の日別発電量には
季節特性がある



















  
(2)国別にも発電量に
特徴がある






















1日の発電量は年間で見ると、夏至の頃が最大で、冬至の頃が最小になる。
そうなる原因は、夏至の日は昼時間が最長で、冬至の日は最短となり、更に、夏至の日の南中時の太陽高度は最大になり、冬至の日は最低となるからだ。
夏至の日は今年は、6月21日だった。大体毎年21日前後だ。
日本では、6月は梅雨の季節で日照時間が少ない。従って本来は発電が多い季節だが、ほかの月より少なくなっているのが現実である。
夏至の頃の一日当たりの発電量と冬至の頃の量と比較すると、約2倍近い差が出ている。(図5.11)
                                                                                                                                            (図5.11)


 
フランスの実績を見ると夏至の日は発電量が最大になっている。最大になる理由は、フランスには梅雨の季節が無い事と、夏至の日は昼時間が非常に長い事に起因している。夏至の日の発電量と冬至の日の一日当たりの発電量の差が10倍近くある。日本では2倍程度しかない。ドイツでは20倍ほどの差がある。
                                                                                                                                            (図5.12)



                                                                                                                 次へ進む









一つの電力会社から見たら1年の間に太陽光発電の導入量が変化していくので、変化した時点で年間の保障値を変更しなければならない。

Comments