給電保障‎ > ‎

保障値の設定内容とGSの関連


1)雨の多い梅雨の6月は現実に即して保障値も少なくする。
保障値①
































(2)6月の発電量は前後の月の発電量程度の保障する。
保障値➁


























(3)保障値を高く設定する。
②より5000KWh/月高く設定。
保障値③


GSGSの利用率が高くなるため、GSを他の目的に利用できない。

GSの利用率が高くなるため、GSを他の目的に利用できない。

GS導入費は中間。








最大蓄電量が多くなるので、超大型のGS容量が必要となる。(図5.18)

いつでも蓄電されているので他の電源に助けを求めることは少ない。

GS導入費は最大。








保障値が高いためGSに保存されることが少ない。(図5.19)

GSに蓄電される量が少ないので、保障のためにGS以外から借りる頻度が多くなる。

GS導入費は最安。








                                                        次へ進む

Comments