給電保障‎ > ‎

保障の実施とグリッド・ストレージ容量の関連シミュレーション

グリッド・ストレージの容量はいくらあれば足りるか?
(1)保障値の決め方と調整用蓄電池(以下グリッドストレージ、またはGS)容量との関連性シミュレーション





























(2)7月1か月間の
保障結果の設定
















(3)1年間の発電量の変化
給電保障実行に重要な役割を果たすのがグリッドストレージ(以下GS)である。発電量の少ない時はGSから借りてくる、多い時はGSへ預ける。
GSは、果たしてどの程度の容量を用意すべきか?
GSの容量が大きすぎるとコストも膨大となり、保障が出来なくなる恐れがある。
そこで、
保障値の値が、GSの容量にどのような影響が発生するかをシミュレーションする。

シミュレーション環境
HBSを使用する全PVの容量が10MWの電力会社を想定。
HBSを使用する全PVの1年間の発電実績を、月旬別に表示したのが図5.14である。


そこで、保障値の値に変化を持たせると、GSの容量にどのような影響を与えるかを、次の3種類の保障値を設定してシミュレーションを行う。

        シミュレーション① ;雨の多い梅雨の6月は現実に即して保障値も少なくする。保障値①
        シミュレーション② ;6月の発電量は前後の月の発電量程度の保障する。保障値②
        シミュレーション③ ;保障値を高く設定する。➁より5000KWh/月高く設定。保障値③



保障結果と保障値を守るためにGSがいかに使われるかを示したのが図5.15である。
全HBSから放電された量は ・ ・ ・ ・  で表示している。
全HBSから放電された量が事前に決めていた保障値を超過する場合は、超過分をGSに蓄電している。
全HBSへの蓄電または放電は                  で表示している。保障結果は                 で表示している。



1年間のシミュレーショするとき、365日分の発電量を図5.16の通りとし、GSの蓄電量がどのように変化するかをシミュレートする。
下図は1台のPVが発電した実発電量であるが、数千台のPV発電の実績を集計したものと解釈して使用する。



                                                                                                                 続きを読む





(注)発電保障を行うには、GSの機能がは、今のところ出現していない。
出現するまでは、GSの代わりに、揚水動力、他電力間連携で対応する。
PVSSでは、その3者が選べるように設計している。








































































Comments