何故困難‎ > ‎

伊方3号機再稼働、四国の出力抑制早める?

今年5月20日に南中時の電力需要を、再エネだけで賄うことが出来た。
更に、9月25日に運転差し止め仮処分を取り消された、
伊方3号は10月27日から再稼働の予定。
10月28日から出力抑制開始か?

1.今年の5月20日は
記念すべき日になった














































































































 


 
2.原発再稼働後
(1)5月20日は瞬時だが、再エネ発電量だけで電力需要を賄うことが出来た。
           5月20日の11時から13時の需要実績と、同時刻の再エネの発電実績を比較した表が
            (図1)である。
         れを見ると11時の需要が万223万kWであるのに対して、再エネの合計発電量は                   226万kWで、需要をわずかではあるが超過している。再エネ発電の内訳は太陽光が                     167万kWと最多である。水力の52万kWは従来の水力発電も含まれている。
          12時の内容は4万kWだけ再エネが不足しているが、ほぼ等しいとみなせるだろう。

                                                                                                                        (図1)
(画面をクリックすると拡大表示します)

            当日の四国の天気は全域晴れで絶好の太陽光発電日和と言える。(図2)
            また、FIT認定受付で導入済みの太陽光は220万kWであった。(図3)

                                                                (図2)                              (図3)
(画面をクリックすると拡大表示します)

            当日の発電実績データーを四国電力のHPからダウンロードしてグラフ化したのが
            (図4)である。このグラフから分かることは、発電合計量は需要量を153万kWほど
            超過している。その超過分は揚水発電(60万kW)と他電力連携(93万kW)で対応 
            ている。出力抑制、直前の状態である。

                                        電力需要= 再エネとなった日の発電状況 (図4)
(画面をクリックすると拡大表示します)

            5月ゴールデンウィーク期間の発電実績
            ちなみに、年間でも需要の最低期であるゴールデンウィーク1週間の発電実績もグラフ
            化した。これを見ると天気のいい日は太陽光発電分だけ需要を超過し、その超過分は
            他地域の電力会社に処理をお願いしていることが分かる。
            関西電力の同じゴールデンウィーク期間の発電実績(図6)を見ると、他電力から毎時
            250万kW前後を受け入れている。
                                                                                                             (図5)
(画面をクリックすると拡大表示します)

            関西電力の同時期の発電実績
            原発4基を運転終了した電力は、自力で需要を満たす発電能力が不足しているめ、
            他電力からの供給を受け入れている。(図6)
            一日24時間を、他電力から100万kW前後、四国からは90万kW前後のけ入れで
            ある。全需要に対して17パーセント前後となっている。            
            
                                                                                                         (図6)

(画面をクリックすると拡大表示します)

            四国電力の需要超過分を、たまたま関西電力の原発が少ししか再稼働してなかったために
            受け入れてくれたが、関電の原発が全面的に再稼働し始めたら。受け入れてもらえ無くな
            る。
            その時は、四国は出力抑制をせざるを得ない。
            日本全国の原発がすべて稼働し始めると、あちこちで出力抑制の悲劇が始まる。


(2)伊方3号機再稼働後
            伊方3号機が再稼働すると最大89万kWの発電が追加される。
            現在、火力発電は昼間時間帯に150万kW前後を発電しているので、追加される
            89万kW分だけ火力発電を減額すればよいだけの話である。
            従って、伊方3号機が再稼働しただけでは一切、出力抑制は発生しない。
            問題は、現在認定受付済みで未だ稼働していない再エネが稼働し始める3年後に
            出力抑制が発生するかどうかである。

(3)受付済みの全てが稼働開始た時(2020年)
            図3を見ると、未稼働分の合計は152万kWで、内訳は太陽光が71万kW、風力
            が21万kW、バイオが60万kWとなっている。
            世界一大きい電力会社である東京電力の場合、昼間の時間当たりの電力需要は
            3,000万kWから5,000万kWあるので、150万kW増加したぐらいでは
            大した問題とはならないが、規模が10分の一の四国電力にとっては150万kW
            の増加は、需要が2倍になったほどの影響を受ける。

            未稼働分152万kWと伊方3号機89万kWの合計241万kWを稼働させるために、
            火力の出力を最低まで落とし、且つ、揚水動力60万kWを稼働させても最大180
            万kWが超過する。(図7)

            現在も90万kWが超過しているが幸い関西電力が引き受けてくれているので出力
            抑制にはなっていないが、3年後も関西電力が180万kWを引き受けてくれる保
            証はない。関西の原発が再稼働していれば、関西は他電力に頼る必要は無いからだ。
            (関西と四国間の区間連携線の容量は140万kWであるが、抑制用には20万kW
            しか使えないと四電の資料では説明しているが、現在、93万kWの使用実績がある)
            
                                                                                                             (図7)
(画面をクリックすると拡大表示します)


            四国電力の出力抑制は、四国自身の原発や再エネ導入慮に左右されるが、関西電力
               の原発再稼働からも大きく影響を受ける。十分に注意をしておくべきである。




最後までご精読ありがとうございます。ご質問、ご感想、反論等お待ちしてます。










































































































Comments