TOPIC‎ > ‎

資源エネ庁のエリートや電力トップのお気に入りサイト

次期エネルギー基本計画を「再エネを主力電源」にするも
「経営再建の柱を再エネにする」も
スマートセンターの力強い裏付けがあるからこそ出来るのです。


どこの誰がアクセスしているか
    1.市町村別アクセスランク
            スマートセンターのアクセス状況は市町村別に把握できる。(表1は3か月間のスマー
            センターのアクセス回数表です)
            一番アクセスの多い市町村は、東京の港区。そこには六本木や新橋や赤坂や虎ノ門などが
            あり、多くのトップ企業のオフィスがある。
            次が大阪、関西電力本社所在地である。3番目が横浜だが、そこは弊社の所在地で毎日
            サイトの更新や管理を行っている。アクセス回数が増えるのは当たり前だ。
            千代田区には経産省と資源エネ庁、東京電力本社もある。アクセス回数も多くなってい
            る。
            10番目までに福岡(九州電力)、名古屋(中部電力)、札幌(北海道電力)と続いている
            のも電力社員が熱心にアクセスしている証しである。
            全国で160市町からのアクセスがあり、ほぼ全国の電力社員以外のアクセスである
            また最近は海外からのアクセスも少しづつ増えている。日本語でしか掲載していないが、                確り日本語を読んでいるようだ。今後の増加を楽しみにしている。

    2.何を読んでいるか?
            それでは何を読んでいるのか?
            何を読んだかは文章別(タイトル)のアクセス回数が分かれば明確だ。
            表2に3か月間のタイトル別アクセス回数を掲載した。3か月間のトータルアクセス回数
            は581回であった。
            最も人気が高ったのは「今は、接続拒否だらけ。太陽光は終わりか? 」で、全アクセスの
            80パーセント近くがアクセスした。2番目は最近メディアでも取り上げられた「空き容
            量ゼロ」議論に関するものであった。
            中でも少し驚いているのは、会社概要のアクセスが全体の14パーセントもあったことで
            ある。こんな情報を公開する企業はどんな会社かに興味を持った方が多かったようであ
            る。

        (1)アクセス回数ランキング                                                       (表2)

フォルダー 
 
タイトル

アクセス回数 
1
TOPIC今は、接続拒否だらけ。太陽光は終わりか?  457
2何故困難 379
3TOPIC 接続拒否の後は出力抑制が待っている  370
4TOPIC 出力抑制は蓄電池使用で皆無となる 335
5TOPIC 日本の再エネ導入コストは高いは本当か?  328
6反論  太陽光発電導入に比例してバックアップ電源も増やすのか?  183
7社会利点 資源エネ庁の「再エネを将来の主力電源にする」ための政策課題  179
8PVSS概要 「第5次エネルギー基本計画」はPVSSとHBBSが確り支えます 119
9何故困難  現在、どの程度の出力抑制が発生しているか? 九電の種子島では! 97
10TOPIC会社概要  79
11PVSS概要 弊社が提案するエネルギーマネジメント・システムの概要68
12社会利点 膨大な工事負担金はハイブリッド・バッテリーで解決  60
13TOPIC 蓄電池経由だと工事負担金が激減する58
14TOPIC 出力抑制の見通しを資源エネ庁が発表 52
15何故困難  何故、ドイツやフランスではタケノコシンドロームが問題になっていないのか?45
16電力会社利日本で、太陽光発電の発電量予測が原因で大事故が起きる!!   44
17TOPIC  出力抑制は完全に解決できる  40
18 PVSS概要 敵を知り、己を知れば百戦危うからず 38
18TOPIC 蓄電池投資への効果分析   38
20 何故困難全国の離島以外の太陽光発電(認定受付分)は出力抑制されているか?  33
20 社会利点  電気料金が半額に❢ 値下がり分は景気回復へ❢  33
 
(タイトルをクリックすると該当ページが表示されます)


(2)アクセス時間ランキング
            どの記事に感銘を受けたか?
            記事ごとに「いいね」を取っていないので分からないが、感銘を受ければ最後まで確りと
            読むはずだから、アクセス時間を見ればわかる。
            と言うことでタイトル別のアクセス時間の平均時間を大きい順に並べたのが表3である。
            一番アクセス時間の多かった「高額蓄電池コスト問題」は平均35分かけて読まれている。
            アクセス回数は335回あるので、335人のすべてか35分かけて読んでいたという事になる。
            アクセス時間でみると、アクセス回数ランキングとは別の記事が浮き上がってくる。



順位

フォルダー 

 タイトル

アクセス
時間(hh:mm:ss) 

アクセス
回数順位 
1
TOPIC  出力抑制は蓄電池使用で皆無となる 
0:35:47
④  ↑ 
2
何故困難 「空き容量ゼロ」議論は幼稚で、間違いだらけで、バカバカしい!! 0:27:19② 
 3 
TOPIC  蓄電池経由だと工事負担金が激減する 0:24:00⑬  ↑ 
4 社会利点資源エネ庁の「再エネを将来の主力電源にする」ための政策課題  0:17:20⑦  ↑ 
5
 PVSS概要 蓄電池コストが膨大になる理由  0:15:5950  ↑↑↑ 
6 TOPIC 日本の再エネ導入コストは高いは本当か?  0:15:51 ⑤
7PVSS概要  「第5次エネルギー基本計画」はPVSSとHBBSが確り支えます  0:14:44 ⑧
8 TOPIC 今は、接続拒否だらけ。太陽光は終わりか? 0:12:55 ①
9TOPIC接続拒否の後は出力抑制が待っている  0:11:54 ③
10 TOPIC 出力抑制の見通しを資源エネ庁が発表  0:10:47
⑭  ↑ 
11 電力会社利電力会社にとっての最大のメリット  0:10:18 30  ↑↑
12 反論都会地にはパネル設置の余地は無い(土地不足)  0:09:55 52  ↑↑↑
13反論太陽光発電導入に比例してバックアップ電源も増やすのか?  0:09:35⑥ 
14 電力会社利太陽光発電だけで電力需要に対応するには!!  0:09:35 47  ↑↑
15何故困難 何故、日本にだけ、タケノコシンドローム現象が発生するのか? 0:08:18 35  ↑↑
16電力会社利電力会社にとっての経済効果  0:07:4055  ↑↑↑ 
17何故困難 何故、ドイツやフランスではタケノコシンドロームが問題になっていないのか? 0:07:01 ⑮
18
 電力会社利電灯契約のお客さんが消えて行く0:06:2831  ↑ 
19
 PVSS概要
敵を知り、己を知れば百戦危うからず  
0:06:19
 ⑱
20
TOPIC 
出力抑制は完全に解決できる  
0:05:59 
⑰ 
21
TOPIC 
0:06:02
 44  ↑↑
22
  地産都消
0:05:59 
 45  ↑↑
23
何故困難
 0:05:59
 48  ↑↑
24
社会利点  
膨大な工事負担金はハイブリッド・バッテリーで解決  
 0:05:49
 ⑫
25
電力会社利点 
 日本で、太陽光発電の発電量予測が原因で大事故が起きる!!
 0:05:49
⑯ 
26
 反論
0:05:33 
26
27
 社会利点
電気料金が半額に❢ 値下がり分は景気回復へ❢ 
0:05:26 
28
 HBBS概要
0:05:24 
 24
29
 PVSS概要
 弊社が提案するエネルギーマネジメント・システムの概要
 0:04:54
 ⑪
30
何故困難  全国の離島以外の太陽光発電(認定受付分)は出力抑制されているか?  0:04:45  ⑳
カラータイトルをクリックすると該当ページが表示されます)


最後までご精読ありがとうございます。ご質問、ご感想、反論等
ozaki@smart-center.jpまで直接お送りください。




1.市町村別アクセスランク
    (表1)
(以下省略)


Comments