TOPIC‎ > ‎

今は、接続拒否だらけ。太陽光は終わりか?

太陽は沈んで                                                        今や、接続拒否だらけ。
しまったか?                                                  土地はある、パネルもある、資金もある。
                                                                                            だけど接続できない。                                                  (*)2016年9月9日開催の「自然エネルギ
    これじゃ、太陽光発電はこれ以上増やす事は出来ない。(*)                            財団 設立5周年記念シンポジウム」で
( 2016年10月掲載)                                                                       太陽の大量導入時代はもう終わったのか?                                              ソフトバンク社の孫正義氏の発言


(1)どれだけ拒否されたか?


















  

    (2)人気が落ちた
原因は何か?













(3)接続可能量を増やす対策






















(4)電力会社が
拒否できる理由 























 (5)電力会社の出力抑制
判断方法



































































 







  

6)どの発電所を止めるのか?

       拒否は昨年(2015年)から始まっている。
          拒否した結果(下のグラフ)は、年度別FIT認定容量を見ればはっきりと分かる。
          FIT制度開始後2年間は破竹の勢いで認定量は伸びた。
          しかし、3年目から急激に落ち込んだ。特に4年目は、完全に落ち込んだ。
          5年目の16年度はまだ4か月分の認定結果しか公表されていないが、それを見ると
          10kW以上の太陽光はマイナス11万kWとなっている。
          マイナスになったのは認定取り消しが多かったからだ

          5年間の年度別認定容量の状況を眺めれば、これで太陽光時代は「終わり」だと解釈
           されてしまう
                                                                                        (図1)

           発電業者は、「土地はある、パネルもある、資金もある」のに、接続拒否されてしまう
         嘆いている。
         資源エネ庁が認定受付を行い、その時もらった受付番号を添えて、発電業者は電力会社に
         接続申請を行う。電力会社は審査の中ですでに認定されている接続可能量と照らして、接
         続可能量を超えていたら、接続拒否を出すことになる。
         従って、電力会社の接続拒否が出るのは、資源エネ庁が認定受付してから1〜2年後に
         なる。
                            
         2013年に公表された接続可能容量は、その年の内に到達してしまったため、翌年らは
         電力会社は接続拒否を主張するようになった。
         いくら申請しても、接続拒否となってしまった。
         それを聞いた発電業者は、新意欲喪失となり、急激に申請件数が落ち込んだ。
            

         そこで経産省は接続可能量を増やすための、苦肉の策を作り出したのである。
        その苦肉の策が、「無制限・無保証の出力抑制」であった。
        接続は「無制限」に認めるが、「同時同量」を守るために発電量が需要を超過すると
        予想されるときは、事前(発電日前)に発電を禁止(抑制)し、発電禁止(抑制)したことによる
        収入の保障は一切行なわない(無保証)というものである。
        この方法では系統への接続量は増えるが、電力需要の少ないときは抑制量は多く、需要が
        多い時は、抑制量は少なくなるか全く抑制されないか、いづれかの方法である。
        
        接続拒否と出力抑制はどちらとも発電できないという点では同じであるが、いつ発電出来
        ないことが分かるかで、大きく異なる点に注意すべきである。
        接続拒否はエネ庁へ申請後、電力会社に接続申請した時点で判明するので、まだ導入作業
        も発生していないし、金融機関からの融資なども決まっていない時点である。
        出力抑制は、導入が完了し発電が実際に開始された後に、毎日抑制される可能性がある。
        昨年一年間全く抑制されなかったとしても、今年は原発が再稼働し始めたとか、同じ再エネ
        導入量が急増したとか、電力需要が大幅に落ち込んだなどで、新たに抑制されることは十分
        にある。



        接続可能量の算出方法をスタディーする前に、電力会社に認められた「接続拒否権」を理
        しておくべきである。
        電力会社には、系統の安定性を守るために、3種類の拒否権が認められている。(注)



拒否権が認められている3つの要因の内、「接続費用負担」と「送電可能量超過」に
           ついては、一般の人でもその意味と拒否する理由は容易に理解できる。
           しかし、「出力抑制」については、電力系統制御や電力需要や太陽光発電特性などの
           知識がないと理解しづらいし、判断もできない。
例えば電力需要と言ってもその地域の電力会社の需要を1年間を通してどの程度ある
           のか、供給量として太陽光が1年間を通してどの時間にどれだけ発電するのかが分か
           っていなければならない。


        出力抑制判断方法の説明の前に「接続可能量」の判定方法を分かりやすく説明する。
        ①最低需要日を基準にして「接続可能量」を求める
            1年間の内、電力需要の少ないゴールデンウィークの5月5日とか正月の1月1日の
            需要をベースにして計算される。
                                                                                                            (図2)



            九州電力を例にして説明する。(図2)
            月5日の正午の電力需要は798万kWであるが、それを少し超過しても揚水発電や
            他電力連携で調整可能である。九州電力の揚水発電能力は253万kW、他電力連携能
            力は557万kWあるが再エネ用に使用出来るのは147万kWであるので、合計400万kW
            調整可能分となる。(電力需要が最大であった7月25日の値1,504万kWは接続可能
            量の計算には何ら影響していない)
            また再エネの内、風力とバイオは優先給電されるのでその分125万kWをベース電源
            として組み込んでおく。
            結論として、調整可能限界値は400+125=525万kWであるので、南中時の最低需要
            798万kWより400万kWを超過してもいいことになる。すなわち1198万kWとなるが、
            その内381万kWは原子力が使用するので、太陽光の接続可能量は817万kWとして公表
            されている。
            しかし、無制限・無保証の出力抑制に移行した後は、実際の出力抑制量を計算する
            上ではこの接続可能量は意味を持たなくなった。抑制量実需容量と実発電量の関係
            で決められる。



        ②原発再稼働後の出力抑制量はいくらになるか?
            それでは、川内と玄海の原発が全面的に稼働した場合の出力抑制量を計算する。
            5月ゴールデンウィーク時の南中時の需要量は798万kWであった場合、調整可能分は
            400万kWであったので、太陽光の発電は798+400=1,198万kWまで発電可能であるが
            そのうちのかなりの量を原発が使用する。
            川内原発は1号機89万kW、2号機が89万kWで計178万kW、玄海原発は1号機は廃炉、
           号機は55.9万kW、3号機と4号機が各118万kWで計292万kWで、両原発の合計470
           kWとなる。
           

                                                                                                        (図3)


           
          
           したがって、太陽光として発電可能な分は、原発再稼働前より470万kW少なくなり、
           728万kW=1,198-470となる。5月5日は728万kWを超えた分は全て出力抑制となる。
            出力抑制は日別の南中時の需要量に左右される。
           


        1回(1日)の出力抑制で、何か所の発電所が対象になるか?
        1か所の発電所は、年、何回抑制させられるか?

        抑制対象の発電所件数は、南中時の需要超過量で決まる。発電所の平均容量が5kWで
        あるときに、南中時の需要超過分が100kWであれば100÷5=20で、20ヶ所の発電所が
        抑制対象となる。
        平均容量は、認定容量ではなく実際に発電する容量である。実際の発電容量は季節と
        天気に依存するので実際の判断は非常に難しい計算となる。例えば10kWの発電所でも
        夏の晴天日は8kWで、同じ夏の雨天時は2kWで、冬の晴天日は5kWで同じ冬の雨天は
        1kWなどと変化する。
        投資を計画している発電所が、稼働開始してどの程度抑制されるかを予測することは
        至難のことである。
        まずは実際に抑制された実績から判断するのをお勧めする。



                             ⇒⇒ 「再エネの主力電源化」は「国策詐欺」だった


    (特別注意の補足説明)
       上記説明で電力需要が下がることの説明は一切していません。説明しなかった理由は、
        電力需要は右肩上がりが常識だったためでしたが、リーマンショック以降、日本の電力
        需要は右肩下がりが10年間も続いています。この右肩下がりは2030年ごろまでは続き
        ます。理由は、経産省の2015年の「エネルギー革新戦略」で2030年までに35パーセント
        を下げる「省エネ」を実施するとしているからです。
        その「省エネ」の影響は再エネの世界には極めて大きくなります。

                       ⇒⇒ 「省エネルギー政策」が出力抑制を拡大する

        「省エネルギー政策」が進むと、出力抑制とは無縁だと思われている東京電力管内にも
        強烈なダメージが発生します。

        詳細は

        に記述してます。

        HBBS(蓄電池)を使用する発電所は、使用しない発電所より大きな利益が出せることを
        現実の蓄電池等の価格等を使用して発電所規模別に17年間の粗利益を計算して実証して
        いる。経産省も注目のレポートです。最近最も人気のあるサイトです。

                    ⇒⇒ 膨大な蓄電池のコストは解決済み



スマートセンターからの警告

                1.原発の再稼働と、太陽光発電の導入量増加で、これまで発電出来ていた太陽光
                       発電も出力抑制の対象となる。
                2.電力会社は原発再稼働を主張するなら、弊社のPVSSとHBBSを導入して接続
                       可能量を増やしてから、再稼働を主張すべきである。
                3.ハイブリッド・バッテリーを使用した発電は一切出力抑制の対象とはならない。
                     4.経産省が考えている出力抑制解消策は、全くお話になりません。悲しいことです。
                                        ⇒⇒    オソマツな出力抑制解消システム 
                4.しかし、ご安心ください。弊社の解消技術があります。        
                                        ⇒⇒     出力抑制は完全に解決できる






最後までご精読ありがとうございます。ご質問、ご感想、反論等
ozaki@smart-center.jpまで直接お送りください。


日はまた昇るか?





2013年に地方電力7社は、太陽光と風力発電の自社系統への接続可能量を発表した。
その中で九州電力は太陽光の接続可能量を819万kW、東北は552万kWと発表した。
2016年5月現在、九州は認定受付分は1,905万kWと接続可能量の2倍以上になっており、その内稼働中(接続済み)は517万kWとなっている。接続可能量から計算すると、残り稼働可能分は302万kWとなる。
これでは認定受付した分の内819万kWしか接続できないのであるから、認定受付済み1,905万kWのうち1,086万kWは接続拒否となってしまうのではないか?

集めるだけ集めて、半分以上は接続出来ませんでは、国家的詐欺と言わざるを得ない。いや、経産省の電力会社に対する指導力の無さを表しているだけである。経産省がもっと指導力を発揮して接続可能量を大きくさせておけばよかったはずである。

ド素人はすぐに「接続可能量を増やせ」と騒ぎ立てるが、電力会社の系統運用技術者に言わせると、「電気の特性や、安定供給を無視してまで、それは出来ない」と言い張る。

それでは、電気のド素人も「電気の特性」や「安定供給」を理解し、それが「接続可能量」を算出されるにあたって、どのように計算されているのかを理解しておくべきである。




























(注)FIT法の改正以降は接続拒   否権限は次のように変更された
                            (2016年4月)

    1. 発電事業者が接続に必要な            費用を支払
わない場合
    2. 電気の円滑な供給の確保に            支障が生ずるおそれがある
        とき
    3. 経済産業省令で定める正当            な理由があるとき













何故、
最低需要日を
基準にするのか?
1年365日の内、1度でも事故を起こしてはならない。最低需要日を基準にしておば、事故を起こす確率は少なくなる。
電力需要は最近10年間に10パーセント減少している。この傾向が続くとすると、最低需要量も低下するので、接続可能量も低下する危険性がある事に注意しておくべきである。
何故、電力需要が低下しているのか?
        原因
            ①景気の影響
            ②節電意識・節電技術
                ピークカット用蓄電池の普及
                より、ピーク時間帯の需要低下
                        (夜蓄電し、昼使用)
            ③家庭用太陽光発電の普及
                家庭用の場合、PV発電分を自己
                消費し、余剰分を販売するので
                系統全体の需要は減少する。
                家庭用認定件数と容量は
                全国ベースで 225万件、948万kw.
                九州地区は34万件、155万kW
            九州電力5月5日正午の需要(左図)
                が798万kWに対して、家庭用PV
                の正午近辺の1時間当たりの自己
                消費は500w~1kWとすると、その
                分の系統全体の電力需要が少な
                る。九州地区が35万件あることか
                ら系統全体の電力需要は最大35万
                kW少なくなる。この需要減は、
                接続容量計算に大きく影響する。
家庭用PVが増えたら、その分だけ産業用PVの接続可能量が減る
Comments