TOPIC‎ > ‎

日本の再エネ導入コストは高いは本当か?

実は高いのではない。発電所規模が小さすぎるのです。
日本で稼働している産業太陽光発電の平均容量は61kW。
中国やインドは平均容量が200MWとか400MW。
小規模がコストを高くした最大原因です。


        日本における太陽光発電の容量と件数は下表のとおりです。
        すでに稼働している太陽光発電で、10kW以上の産業用の合計件数は474,545件、合計容量は            29,016,140kWで、平均61kWである。
        平均容量が小さいのは、分割接続が原因である。

        分割接続は禁止されたので今後は50kW未満は稼働しないと予想されるため、3年以内に稼働
        予定の産業用平均容量は2,482KWとなる。その時は産業用の導入コストは大幅に縮小すると
        測している。
                                                                                                              (図1)

        日本における導入コストが高いといわれている根拠は、この平均容量61kWの発電所を導入す
        る実コストをベースにしている。
        諸外国と比べると日本は高いといわれているが、同じ発電所規模と比較しているのか、疑問
        に思う。

        発電所規模が大きくなれば導入コストは下がる
        大量に商品を買えば、単価を下げてもらえるのは世の中の常識。
        nパーセントの割引を、m個ごとにX回繰り返せば価格はいくらになるかは、中学生でも計算
        できる。
        商品価格を1個ごとに2パーセント割引きしたとすると、1個目はa円だが、2個目はa×0.98円
        になる。2個合わせると1.98×a円となる。同じことを繰り返すと10個目の価格はa×0.98×9乗
        なり、10個合わせた料金は
                    a×(1+0.98×1乗+0.98×2乗+0.98×3乗+・・・+0.98×9乗)
        1個当たりの平均価格は上記金額を10で割った数字になる。図2では0.915となっている。
        同様に、3パーセント、4パーセント、5パーセントでの平均価格はそれぞれ0.875、0.838、
        0.803となる。
        図2には20個の場合から400個の場合までが表示されている。
        価格が半額になるのは、2パーセント値引きの場合は80個で、3パーセント値引きの場合は60
        個弱、4パーセントでは40個、5パーセントの場合は30個強で価格が半額に達成する。
                                                                                                                                                                                                                                                                                             (図2)

        200個購入すると2パーセント値引きで平均価格は4分の一になり、5パーセント値引きだと
        10分の一になる。
        更に400個だと2パーセント値引きで平均価格は8分の一になり、5パーセント値引きでは20分
        の一になる。

        実際の再エネに当てはめた場合を考察する。
        再エネで「個」とは何を意味するかを考察しよう。
        1個とは1MWでもいいし、100KWでもいい。または、蓄電池の100KWhでも1000KWhでも
        よい。
        日本の現実に即して考察する。
        日本のすでに稼働した産業用太陽光の平均容量は61kWであった。
        認定受付済みで3年以内に稼働する予定の太陽光の平均容量は22.4MWである。すでに稼働
        している容量の367倍である。
        すでに稼働している産業用太陽光の平均単価を1万円とした場合、今後稼働予定の太陽光に
        適応される単価を図2を使用して予測する。
        367倍は300個と400個の中間値として図2から計算すると、-2%、-3%、-4%、-5%の欄は
        0.146、0.097、0.073、0.059となる。
        つまり、61kW毎に2%割引すると、1万円が6.9分の一の1,460円になるのである。
        同様に、3%割引すると970円になる。10.3分の一である。
        同様に、4%割引すると725円になる。13.8分の一である。
        同様に、5%割引すると585円になる。17.1分の一である。

        中国やインドの大規模発電所の100MWは1,639個になる。200MWは3,278個に等しい。
        図2には400個までしか記載していないので、1600個と3200個については想像するしかない。
        中国やインドの導入コストが安いのは大規模に依存することが容易にわかる。

        我が国で、日本の再エネコストは高すぎるとの声はよく聞くが、高い原因が規模の小ささだ
        との指摘は聞いたことがない。
        もし、小規模になった原因を国の政策担当者たちが理解していれば、発電所規模を大きくす
        る事を、コスト削減対策の一つに組み込むのではないだろうか?


最後までご精読ありがとうございます。ご質問、ご感想、反論等お待ちしてます。


                                                                                                            次へ











6か月後の9月時点では、50kW未満の件数が25万件減少した
50kW未満の件数が少なくなったため、産業用PVの平均容量は1,393kWになる。












































(図3)
(図面をクリックすると拡大します)























Comments