最新情報‎ > ‎

再エネ先進国は太陽光発電には不向き

EU諸国が再生可能エネルギー拡大に成功したからといって、
日本も成功するとは限らない。
再生可能エネルギー拡大の秘訣は国ごとに異なる。


























                       太陽光発電という切り口から、EU諸国の成功要因を探る❢❢


                            Ⅰ.EUは日本の12倍、日本の最北端に位置する

                            Ⅱ.EUでは、太陽光発電は「役立たず」?

                            Ⅲ.ブレない電力需要が、再エネ拡大には前提?

                            Ⅳ.EU諸国の電力連携

                            Ⅴ.イタリアでは祝祭日はバラバラ




                                          冬至のシーズンは太陽光発電量は少なく、夏至の日に向けて
                                          徐々に増えているのがわかる。
                                          風力発電はその逆だ。その原因は?

















 
                                            フランス電力公社の発電速報から太陽光と風力発電実績を180日分表示した。
                                            このグラフから分かることは、冬至(12月21日)の頃の太陽光発電は最小で、
                                            夏至(6月21日)に向けて徐々に増加している。
                                            風力は、日別発電量の変化が大きすぎて傾向値が掴みにくいが、月別平均値(赤
                                            の点線)を見るとその傾向はつかめる。
                                            風力の傾向は、冬至の頃が最大で、夏至日に向けて徐々に少なくなっていって
                                            いる。
                                           その原因な何か? 日本でも同じことが言えるのか?
                                            日本の電力需要にこたえるには、風力と太陽光のいづれが最適か?
       
                                                                                       次のページへクリック

Comments