電力会社にとっての最大のメリット

電力会社にとって、太陽光発電大量導入の最大のメリットは、

電気料金を下げられることです。

電力完全自由化で、契約変更が簡単にできる時代です。

少しでも安いと分かれば、全てのお客さんは

直ぐに安いところに移ってしまいます。

太陽光発電は、日本でも、大規模メガ・ソーラーの分野では

既に、原子力発電より安い価格になってます。

地域独占時代と違って、電力会社と言えども、

お客様を引き留めておくことに

力を入れなければならない時代になりました。

お客様を引き留めておくために、太陽光発電を大量に導入して、

電気料金を、他社に先駆けて、安くしておくべきです。

PVSSは、そんな電力会社から大変好評を得ています。