「太陽光で主力電源化」宣言

太陽光で日本のエネルギー業界をすっかり変えてしまう。

日本の第4次産業革命の始まりだ。

「太陽光で主力電源化」宣言

出力抑制を完全解消した後、

太陽光の大量導入で太陽光が主力電源となり、

天気に左右されない太陽光発電を実現し、

太陽光が安定化したベースロード電源となり、

大災害時のブラックアウトを防ぐ太陽光発電保障システムを作る。

電気の70パーセントを消費している

都会地を地方の太陽光で支える地産都消を実現する。

コストが最低の太陽光を大量導入し、

世界一高い日本の電気料金を半額まで引き下げる

引き下げ効果は年10兆円で、ボトムアップの景気刺激となり、

エネルギー業界にダウンサイジング旋風を起こす。

需給維持保障機能とグリッドストレージ機能で

供給が需要をいくら超過してもよいため、

エネ化率200パーセントを目指す

需要を超えた分は

電気自動車への供給や液体水素の輸出を行う。

日本も初めてエネルギー輸出国となる。

太陽光大量導入で第4次産業革命が始まる。


最後までご精読ありがとうございます。ご質問、ご感想、反論等

ozaki@smart-center.jpまで直接お送りください。