電力会社利点

電力会社にとって、太陽光発電大量導入の最大のメリットは、
電気料金を安く出来ることです。

少しでも安いところがあれば、契約変更が簡単にできる時代です。
電気料金が半額になると分かれば、全てのお客さんは
直ぐに安いところに移ってしまいます。

太陽光発電は、日本でも、近いうちに。
原子力より安い価格になります。

地域独占時代と違って、電力会社と言えども、
お客様を引き留めておくことに
力を入れなければならない時代になりました。

お客様を引き留めておくために、太陽光発電を大量に導入して、
電気料金を、他社に先駆けて、安くしておくべきです。

しかし、電力会社は太陽光の大量導入に反対してます。
何故でしょう?

                                                                          次へ進む

サブページ (17): あの大震災以上の出力抑制パニックが、数年後に東北を襲う。売電収入半減の発電業者はバタバタと・・・ さすが、東京電力、風力30GW追加拡大で、再エネの主力電源化が3年後に実現見通し 九州と関西の狭間で目立たなかった中国電力も、ついに出力抑制の悪夢にハマる。南無阿弥陀仏。 系統運用の簡素化と運用コスト削減のメリット 原発が頼りの関西電力は、再エネ時代を生き残れるか? 再エネ化率80パーセント以上で、火力発電は不要となる。 これにより、電力部門の脱炭素が、いち早く実現する。 捨てる方式では不可能!!生かす方式ならOK、30パーセント以上の再エネ化率達成方法 世界の再エネ化率競争で大きく遅れている日本、足を引張っているのは東京電力さん、アナタですよ!! 世界一の東京電力が、再エネで生き残りを、決意? 太陽光発電だけで電力需要に対応するには!! 中部電力、再エネ導入拡大後も抑制は極くワズカ、高浜原発稼働時は激増か?しかし、ご安心・・・・ 伝統契約のお客さんが殆どいなくなる 電灯契約のお客さんが消えて行く 電力会社にとっての経済効果 電力設備投資コスト削減のメリット 発送電分離後の送配電会社にとっての経済効果 北海道のブラックアウトは、石炭火力で利益追求が原因!!
Comments