予測方法‎ > ‎

作業スペース2



道程5.電力自由化の価格競争に勝てるか?
 
                                                           ・・・・60パーセント以上達成

(1)価格競争の現状
             電力完全自由化以来、東京電力は500万件の顧客が競争相手に奪われて
            いる。奪われた結果、毎年5000億円の利益を出すと約束した長期計画
            も2千億円以上もショートしている。奪われた原因は総て価格競争であ
            る。逃げた顧客は月700円電気料金が安くなるといわれ、喜んで乗り換
            えている。顧客にとっては、切り替えても電気の品質が落ちるわけでもな
            いし、サービスが低下するわけでも、振込変わるわけでもない。完全
            に料金だけで決めている。
            競争に勝つためには料金を下げるしかない。これまでは料金を下げるのは
            原子力だと言っていたが、太陽光のコストが原発より下がった現在は、太
            陽光を他社より多く導入して価格競争に備えるしか方法がない。
            他社より多く、当面は60パーセントを目標にして、果たして導入可能で
            あるか、検討してみよう。
                    

(2)次世代の価格競争
            FIT時代は決められた価格で全量を電力会社が買い取っていた。
            FIT終了後は、価格は入札制度で決められ、直接新電力や大手需要家が競
            争で買い取れることになる。図5.1)      
            増々価格競争が進むため、高い料金しか提供できない電力会社は生き残れ
            ない。安い料金にするには、安い電源を確保する必要があるが、それはひ
            とえにどれだけ太陽光発電を提供できるかにかかってくる。 どれだけ太陽
            光を提供できるかは、どれだけ太陽光用の土地を確保できるかにかかって
            くる。
                                                                                                (図5.1)
(図表をクリックすると拡大します)


(3)東電管内で調達できるか?
            一番価格の安くなる太陽光を抑えたものが勝つ。
            太陽光の発電には土地が必要で、大量に導入するにはそれなりの土地の広
            さが必要となる。
            現在、東京電力は日本で一番多く太陽光を導入している。しかし、再エネ
            化率では最低である。それは、需要がとてつもなく大きくて、日本の3分
            の一を占めているからである。将来需要に見合った土地が確保できるか
            が、価格競争を乗り切るポイントになる。
            そこで、太陽光の敷地が占める率を太陽光の導入量別に算出し、導入の可
            否を検討する。
            土地の面積には2種類ある。一つは可住地面積でもう一つは森林面積であ
            る。可住地面積とは総土地面積から林野面積及び湖沼面積を差し引いた面
            積で、山林の開発(宅地化)や道路の建設などで林野面積が減ると可住地
            面積が増えるので、値は毎年変化する。 
            太陽光パネルに必要な面積は、環境省資料「太陽光発電(非住宅系)の導
            入ポテンシャル」によると、1kWあたり15m2程度とあるのでこれを採用
            する。
            太陽光の占める土地が可住地だった場合の占有率と、森林を切り開いて設
            置した場合の占有率をそれぞれ求めた。図5.2)
図5.2)
(図表をクリックすると拡大します)

        以下、(図5.2)に沿って説明する。

        ①現状の占有率
            可住地で見た場合の占有率は0.9%。同じ都会地である関西と中部と同程度
            である。
            地方と比較しても、北海道と東北と北陸を除くと、大差がない。        
            都会地だから土地の確保が難しいとは言えない。

        ②再エネ化率40パーセント時の占有率
           40パーセントになると、関西が5.4パーセントの可住地占有率でトッ
            プとなる。関西は東京に比べて可住地面積が2.5分の一しかないため、
            占有率が大きくなる。東京は4.8パーセントで、関西に次いで2番目に
            高い占有率となる
            東電の供給域は9県ある。現在と同じ率で将来も太陽光が県別に導入され
            るという前提
            で、県別の将来の占有率を計算したのが(図5.3)である。それを見ると
            40パーセントになったとき一番占有率の大きいのは群馬県の5.9パー
            セント、次いで茨城県の5.6パーセントである。逆に、低いのは東京都
            で2.4パーセント、次に少ないのが静岡県の2.8パーセントである。
            この時点で県別の占有率に同じ東電管内であっても2倍近い開きが出る。               

東京電力供給域内の県別占有率                                                               図5.3)
(図表をクリックすると拡大します)

         ③再エネ化率60パーセント時の占有率                
            再エネ化率60パーセントの時に、果たしてその可住地占有率で、土地の
            確保が出来るかどうかの議論をこれ以上進めるのは終了する。ただし、一
            つだけ明確に言えることは、その時、東北や北海道はがら空きで、東京地
            区の苦労が彼の地から見たら滑稽に見えるかもしれないと言っておく
        (注)北海道と東北が再エネ化率が高くなっても太陽光による土地占有率が
            低い理由は2つある。一つは土地そのものが広い。北海道も東北も東京
            2倍あること。2つ目は北海道も東北も太陽光への依存度が低いこと、
            両社とも50パーセント前後であるが、東京電力は90パーセントも太陽
            光に依存している。(東京は洋上風力2~3GWを計画しているので依存
            度は少し少なくなる)

        ④再エネ化率100パーセント時の占有率 
            再エネ化率100パーセント時に東京地区の可住地の15.4パーセント
            は太陽光の敷地にしなければならない。中でも、群馬県は18.7パーセ
            ントとなる。群馬の下仁田ネギ畑は全部ソーラーパネルになっているだろ
            う。茨城は18.0パーセントとなり、水戸の偕楽園はソーラーパネル園
            に なっているかもしれない。
            そんな時でも広大な土地を持つ北海道は可住地のたったの1.4パーセン
            トで、お隣の東北は、同様に2.8パーセントである。
                                                                                 
        ⑤可住地占有率からいえる結論。
            価格競争には価格で対抗するのがベストである。
            競争に勝つためには発電コストの最低となる太陽光を大量に導入するのが
            最善である。太陽光にはパネルを設置する敷地が必要になる。少ない敷地
            なら都会地である東京もある程度対応可能であった。しかし、大量になる
            と東京では敷地の確保が困難になる。可住地の何パーセントまで可能で
            あるかははっきりと言い切れないが、少なくともいえることは、東京で占
            有率が10パーセントでも、北海道や東北では1パーセント以下であるた
            め、そちらで土地を確保する方が容易であろうといえる。東京の再エネ化
            率がさらに高くなって100パーセントになっても、北海道や東北は相変
            わらず低い可住地占有である。
                        
            東京電力供給域だけでの土地確保は困難あることが明確に証明された。

            10年ひと昔は、地域独占で、地域の縄張りはしっかりと守られてきた。
            電力自由化時代には、昔の縛りに囚われることなく、土地の確保を実行
            すべきである。
           それを可能にするのが太陽光発電保障システム(PVSS)第4階層「地産都
            消」構想である。
            地産都消」(地方で生産し都会で消費する)を実行すると、日本全国か
            ら電気が送られてくるが、その量が天気に左右されるようでは、集める側
            の東京電力にとっては、不安定極まりないシステム運用になる。
            そこで送る側は天気に左右されることなく約束した量をきちんと送る「安
            定給電保障機能」を持ち合わせておくのは必須となる。
            その機能があるからこそ地産都消」が出来るのである。


(4)地方と都市を結ぶ(地産都消)
       ①地産都消推進に必要な機能
             2020年から発送電分離となる。電力10社の送電部門は送電会社に統
            合される。発送電分離のメリットは、現在の電力会社の領域を超えて電気
            をほかの地域へ送りやすくなることだ。当然、送電線使用料金(託送料
            金)が安くなる。発送電分離後の最大のお客さんは「地産都消」となる。
           
    全地域から東京電力に向けて電気が送られてくる。      図5.4)       
(図表をクリックすると拡大します)


        ②東京電力にとって身近で実現可能な地産都消の推進
           (a)福島復興を推進して地産都消
                 ★福島県の帰宅困難地域は約800平方キロメートルの広さがあり、文字
                    通り帰宅する人が少なく、荒はてた土地が転がっている。その土地に
                    太陽光を設置したら50GWの発電所ができる。図5.5)
                ★おまけに、同地区には使用されていない500KV超超高圧の送電線が
                    野晒にされている。

                        地域の縄張りは昔の話、昔の縛りにとらわれるな
                                                                             (図5.5)
(出典)ふくしま復興ステーション(図表をクリックすると拡大します)
 
         (b)新潟の柏崎5基廃炉後にも地産都消                
                ★ 新潟の柏崎原発も5基だけ廃炉になる予定。新潟県全体の再エネの系
                    統として 野晒になっている超超高圧の送電線を提供する。

           (c)東電供給域外の長野の送電線量で長野の太陽光を取り込む                                   ★長野県にも東電の水力発電と高圧送電線がある。水力発電の稼働率は
                    低いので、その送電線の有効利用の一環として長野県の太陽光も取り
                    込むむべきである。
             
             
        ③地産都消のメリット
                東京電力管内のお客さんに、地方並に安い電気を供給できる。
                ただし、地方の料金に託送料金を上乗せした分だけ高くなる。新鮮な魚
                介類や野菜や果物が、都会地は輸送量だけ高くなるのと同じである。
                地方にとっては、雇用の確保と収入の確保で、衰退する地方の活性化に
                少しでも役立つものと確信している。


Comments