反論

我々のPVSS/HBBSを使用しなくても、ほかに方法があると反論する。

                          リンク ⇒⇒  N-1電制適用の東北に出力抑制が加速し始める

サブページ (18): N-1電制適用の東北に出力抑制が加速し始める VPP(仮想発電)の、出力抑制解消は、期待ハズレ。 安倍内閣は「再エネの主力電源化の失敗」により、即刻、総退陣し、・・ 九州本土では、導入しても、捨てられるだけ、「再エネ主力電源化」失敗 経産省に"喝!!"、もっと研究せい!!「再エネを主力電源化」は実現せず 現在、試行中の「長周期変動対応方式」で大量導入が可能だ・・本当か? 「再エネの主力電源化」は現在の出力抑制方式の下では達成不可能である 「再エネの主力電源化」は「国策詐欺」だった 再エネを主力電源と言いながら再エネ化率24パーセントの本当の狙い 再エネ政策の失敗のツケを国民に押し付ける安倍政権に国民の審判を!! 再エネ導入が増えるとそれに比例してバックアップ電源が増えるので電気料金は安くならない 太陽光発電と蓄電池のコストがかかり過ぎるので、大量導入は不可能は本当か? 太陽光発電導入に比例してバックアップ電源も増やすのか? 地方にだってそんな土地は無い 蓄電池を使用しなくても電力間連携、揚水式発電だけで可能だ? 都会地にはパネル設置の余地は無い(土地不足) 東北と九州は再エネ環境ではほぼ同じ、しかし出力抑制は九州が既に50回、東北はゼロ回。この差はいつまで続くのか? 洋上風力が、日本の主力電源になるのか?
Comments