HBBS概要‎ > ‎

系統接続工事負担金大幅減少



. 系統接続工事負担金大幅減少
           工事負担金とハイブリッド・バッテリー・システムとの関係は                                                   膨大な工事負担金はハイブリッド・バッテリーで解決
            に記述してます。事前に読まれることをお勧めします。

    (1)負担金計算のための変電所までの距離を想定
               日本国内の、高圧になればなるほど変電所の件数は少なくなる。件数が少ないと変電所
               までの距離が遠くなるのは、確率論からもいえる。(たまたま、超高圧変電所の真下の
               場合は、超高圧の場合の距離が一番近くなるが、それはめったにある話ではない)

                                                                                                                    (図4.20)

    (2) 上記で想定した距離と電力広域的運営推進機関が公表している「送変電設備の標準的な
                単価」を適用して変電所までの負担金を計算すると下表になる。

                                                                                                                    (図4.21)

                太陽光発電に蓄電池を合わせて導入すると最大出力が4分の一になるので、例えば、
                超高圧変電所に接続すべきところが1次変電所に接続変更になる。工事負担金が83.3
                億円だったところが、13.2億円になるので70.1億円負担金が少なくなる。この差額金
                で高額の蓄電池を導入できることになる。


                                            次へリンク ⇒⇒ 出力抑制完全解消  



Comments