TOPIC

九州本土で妖怪(出力抑制)が暴れまくっている!!
本年(2019年)3月1日~4月9日までの40日間に
九州本土で24回の出力抑制が発令された。
このままでいくと、今年1年間に何回の抑制になるのか?
                                             その時、発電業者にとって、売電収入のインパクトは?                       (2019/4/12掲載)

1.抑制実績





































































2.一つの発電所の
被抑制回数?













































































 




 






























3.3年後の年間被抑制
回数と売電収入への影響







(1)九州電力発表の抑制実績を見てみよう。
            図1には、出力抑制を実施した日別と実施内容が記載されている。
            そこから、次のことが読み取れる。
                ★24回抑制実施
                ★24回の抑制量合計は2,892万kWである。
                                                                                                                                                (図1)
(画面をクリックすると拡大表示します)


(2)その時の天気は?
          抑制が実施された時の九州全域の天気はどうであったか?
            九州地区の17ヶ所の気象台が正午の12時に観測した天気実績を図2に掲載した。
            これを見ると出力抑制は九州の全域が晴れた場合に出されていることが分かる。
            例外的に3月2日は、鹿児島県などで雨が降り、ほとんどの地域では曇り空であった
            がその日は土曜日であったため需要が813万kWしかなかったので、出力抑制となった。
                       
                                                                                                                                                (図2)
(画面をクリックすると拡大表示します)

(3)抑制されなかった日の天気は?
            それでは抑制のなかった日はどんな天気であったか?
            40日の内、抑制のなかった16日の各地の天気を調べた。(図3)        
                                                                                                                                        (図3)
(画面をクリックすると拡大表示します)

            16日のうち、3月1日と9日と19日以外は雨または曇りで太陽光発電には不利な
            天候であった。3月1日はほとんどの地域は晴れであったが、平日の金曜日で電力需要
            が多かったので抑制は必要なかったものと思われる。 19日も同様。                
            3月9日の抑制無しの理由は不明。

            図1~図3までをまとめると、九州では太陽光に最適な晴天日には発電が禁止され、
            発電に不利な曇りや雨天の日だけ発電させて貰っているのが現状である。


(1)再エネ登録状況
            九州電力が発表している再エネ導入状況等は、図4の通りである。
            現在稼働中の太陽光は844万kW、風力は51万kW、併せて895万kWである。
            数年内に稼働予定は、太陽光が714万kW、風力が225万kW等で合計1,043万kWで
            この未稼働分が稼働すると現在の2倍の容量となる
            


(2)一つの発電所の被抑制回数
            九州地区には、出力抑制の対象となる太陽光発電所は約10万件あるが、1回の抑制で
            全発電所が対象となるわけではない。対象となるのは、需要超過分に見合う分だけで、
            その選択は公平性の原則を守らなければならない。
            公平性が守られているという前提で、一つの発電所が40日間の内に、抑制の対象と
            なった回数は、
被抑制回数 = 40日間の再エネ出力制御必要量合計 ÷ 
                                                                        (太陽光と風力の容量)× 0.8 
      = 2,892万kW ÷ (895万kW × 0.8)= 4.0回
            3月1日からの40日間に、全太陽光発電所と風力発電所は4回づつの被抑制があった
            はずである。


(3)1年間の被抑制回数推定
          40日間で24回の抑制であれば、1年間の抑制回数は?
            1か所の発電所に対する被抑制回数はどうなるか?

            出力抑制は九州全域またはほとんど全域が晴れる場合に抑制されることが分かった
           ので、晴れる回数を気象庁の「過去の天気実績」から調査した(図5)
            
            九州全域が晴れる日数 = 365日 × 25.7% = 94日
            九州ほぼ全域が晴れる日数 = 365日 × 12.8% =  47日
                合計日数                   = 141日

九州全域が正午に晴れる回数の調査                                         (図5)
九州3

            2019年度の抑制回数は、天気実績から推定すると141回となる。
            しかし、夏や冬の時期の需要ピーク時は、九州全域が晴れても需要の方が大きければ
            抑制の必要は無い。逆に、九州全域が晴れていなくても、土曜や日曜日の需要の少な
            い時は抑制の必要がある。などの調整で141回は多少変わってくる。
            この141回は、九州電力の系統制御室が行う回数であって、個々の発電所が行う被抑制
            回数ではない。知りたいのは個々の太陽光発電所が抑制を実施しなければならない
            被抑制回数である(一回の抑制では一部の発電所しか抑制しない)
            その計算の詳細は下記サイトをご参照ください。



(4)2019年度の年間売電収入の影響
           上記サイトで、発電所の被抑制回数は45.3回と推定しているが、最大の関心事はそ
             の抑制は「発電所の年間収入にどの程度影響するか?」である。
              
              一つの太陽光発電所の一日当たりの発電量は千差万別で、365種類あると言っても
              よい。すなわち発電量の極めて多い日からほとんどゼロに近い日までの365種類で
              ある(図6)
              発電業者にとっては、抑制される日は発電量の少ない日であってほしい。日別発電量
              グラフ(図6)の右端から45個の抑制であってほしいと願うであろう。右端から45
              個であれば図6の例では年間収入の3.3%程度で抑えられる。

              しかし残念なことに、出力抑制は九州全域が晴れの日、すなわち発電量の多い日に抑制
              されるので図6グラフの左端から抑制される。したがって売電収入への影響は大きい。
              図6で、45回の抑制では20パーセントと大幅減となる(再エネ容量が895万kWの時)

                                            発電量の多い順に発電禁止となる                    (図6)

    2019年度の収入は20パーセントは減少すること分かったので、発電所経営者
                事前に対応策を取ることをお勧めします。


            現在稼働中は太陽光と風力を併せて895万kWである。
            3年後には1,043万kWが追加され1,938万kWと現在の2倍になる
            2倍になった時、出力抑制と発電所に対する被抑制回数はどの程度になるか?

(1)2倍の容量を、同じ条件で40日に適応した場合の影響
            
        [1.1]まず、同じ気象条件で3月1日からの40日間の抑制回数を求める。
               ①抑制された24回は、同様に抑制となる。
               ②抑制のなかった16回のうち、比較的天気の良かった3月1日、9日、14日、18日、
                   19日、28日、29日の7回が新たな抑制となると予想した。
                   ①の24回と合わせると31回の抑制となる。

        [1.2]再エネが1,938万kWになった時の、3月1日からの40日間の被抑制回数を求める。
               正確な被抑制回数を求めるには、正確な発電実績データーが必要であるが、九州電力
               が実績データーをまだ公表していないので、弊社で独自に想定しながら推定する。
               (九州電力の公表は 1~2か月後となると思います。公表後、再度計算します)

               被抑制回数の計算は
                       被抑制回数 = 40日間の再エネ出力制御必要量合計 ÷(太陽光と風力の平均発電量)
               であるので、順次必要項目の値を求めていく。(右欄参照)                                                                      「40日間の再エネ出力制御必要量合計」は27,787.0万kWである。
                      太陽光と風力の平均発電量」は1,496万kWであるので
                          被抑制回数 =27,787.0万kW ÷ 1,496万kW = 18.6回  となる。
       
         [1.3]まとめ
             3年後の稼働状況から推定すると、40日間に
                                            出力抑制は31回発令される。
                                    一つの発電所には186回(2日に1回)  の発電禁止となる

(2)その時の年間売電収入はどの程度減少するか?
        3年後に再エネ容量が1,938万kWと現在の2倍になった状態で1年間発電した場合の年間
        収入に及ぼす影響を計算する。 (図7)
       図7の詳細説明は省略します。詳しく知りたい方は下記を参照ください。
   詳細 ⇒⇒ 九州地区の再エネ業の年間収入は、出力抑制頻発で、20パーセントは減少する!!
        結論を先に説明すると、現在受付分が全て稼働すると、1発電所当りの1年間の被抑制回数は
      88.0回となる。
 (図7)

        年88回の被抑制回数は年間発電収入の38.0パーセント減となる(図8)

                                            発電量の多い順に発電禁止となる                    (図8)

数年後には、40パーセント近い発電収入減少で、
バタバタと発電業者が倒産する。
技術大国の日本は、世界に向けて恥さらしをはじめる。
その前に、国としてやるべきことがあるのではないか?




最後までご精読ありがとうございます。ご質問、ご感想、反論等
ozaki@smart-center.jpまで直接お送りください。

(註)当サイトでの言葉の使い分けについて
★出力抑制を実施するには、抑制を命令する電力会社の系統制御室が行うものと、命令を受けて発電所側で制御を行うものの2種類が存在する。
当サイトでは、前者を出力抑制、後者を被抑制と使い分けることにする。


























































































































































































40日間の再エネ出力制御必要量合計」の計算手順
[1]再エネ出力を求める
    (1)(図1)に対して 再エネ出力を求める
        ①日別に再エネ出力/895万kW
        ②日別に①×新再エネ(1043万kW)
        ③真再エネ出力制御必要量を求める    
                            22,225.5万kW
    (2)図2に対して再エネ出力を求める
        ③の最小抑制量×7日を新たな制御必
        要量とする 794.5×7 = 5561.
    (3)(1)+(2)の合計値
             27,787.0万kW
[2]太陽光と風力の平均発電量を求める
            1,938万kW × 平均発電率 =
            1,938万kW × 0.772 = 1,496万kW 

サブページ (29): すべて表示