ダブル蓄電池方式の問題点

蓄電と放電を同時に行うためには?

ダブル蓄電池方式の場合、一つの蓄電池の容量は発電装置の一日分を蓄電できる容量が必要である。一日分の容量とは、一日の最大発電容量である。ダブルであるから2倍の容量が必要となる。

2つの蓄電池の切り替えは、一日一度だけ行う。(図4.5)

「ハイブリッド蓄電システム」では、このダブル方式を改善して、蓄電池容量を最小にする方法を考案した。

その方法を次に述べる。

次に進む